EGは自分の色の自覚から

実践塾や武蔵野様の進捗会議に参加して
EGが活用されているのに感化され、私も
EG話が増えている今日このごろです。

EGを意識していて一番思うのはまずは
自分の色とその特性を理解すること、
認識することが大事なんじゃないかと
思っています。

特に思考特性に応じて相手に与えるマイナス
な印象になり得る影響について知っておく
ことじゃないかなと。

例えば黄色だったら飽きっぽいから
話を一方的に聞くのが苦手で、一生懸命
説明されてもあまりちゃんと聞けていない

とか

緑だと淡々と説明するから大事なところ
がわかりにくく、伝えたいことが伝わり
にくくなる可能性がある

とか

青は納得するまでに時間がかかるところが
あったり

とか

赤は意味がわかってなくてもとりあえず
話を合わせちゃう

とか

まずはそれらの特性を認識し、自分の
特性を自覚し、他の人と接するときに
自分の色と相手の色とを含めて注意する
ことだなと

思った1日でした。
私も自分の色の自覚をするとともに
とりあえずEG研修に上から順番に行かせます。

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「格好よい」0236
何回も練習したり、失敗をしてなりうる。
最初からなる人はいない

CCCメディアハウス小山昇著 
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載
ーーーーーーーーーー
練習と失敗を繰り返します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2680

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年9月19日 23:31に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ただ負けるのはやめにしよう」です。

次のブログ記事は「結果でなく結果を得られたプロセス」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ