セカンドオピニオン

先日受けたセミナーの懇親会に歯医者さんが
いました。最初はセミナーの内容だったので
すが話が思いっきり脱線し、歯の治療方法や
詰め物は何がいいのかとか、ジルコニアとか
ブリッジとか、寝るときにマウスピースをし
た方が良いのかとか、、とにかく歯に関して
の質問が歯医者さんに集中しました。

私も自分の歯のことは気になりますし、長男も
治療しているので気になってます。

今の歯医者さんは当然信頼しているからこそ
通っていますが、情報が豊富かと言われると
そんなことはなく、ちょっとぶっちゃけ話や
今の治療でいいのかとか聞いてみたくなるのが
人というものなんでしょう。

こんな感じでセカンドオピニオンって必要に
なるのかなと感じました。

実際ビジネスに関してもある部分に関しては
セカンドオピニオンを備えていますし、とき
にはサードオピニオンまで備えてみて知識を
つけにいったりしています。

じゃあ私どもはどこかのセカンドオピニオンに
なれているかと言われるとそんな存在にはなれ
ていないなと思います。

セカンドオピニオン

そんな選択肢もありかもと思いました。
なんらかのセカンドオピニオンになってみます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「礼」1377
失すれば敵をつくる。尽くせば敵さえも心を
開く。決して人を傷つける武器にしてはいけ
ない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
礼を尽くします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2628

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月29日 23:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「井の中の蛙、天を知る」です。

次のブログ記事は「夏といえば海でしょ!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ