井の中の蛙、天を知る

前職で聞かされたおそらく造語です。
通常は「井の中の蛙」だけなんでしょう。
井戸の中の蛙は井戸の中のことしか知らず
広い世界のことは知らないという意味で
世間知らずを言い表す諺です。

しかし前職ではそこに

「天を知る」

とかちょっとネットで検索すると出てくるのが

「されど空の青さを知る」

という造語が出てきます。
一見狭い世界しか知らないようでいて、狭い世界で
突き抜けて知ってしまえば広い世界のこともおのず
から理解できる

的な意味です。

私どもはISOやPマークという狭い世界のコンサルタント
です。めちゃめちゃニッチなコンサルの世界ですが、実は
ISOには多くの経営の骨格があり、その延長線上には多くの
広い世界のヒントが隠されているなと感じた日でした。

良い気づきをもらえてよかったです。
狭い世界をもっと突き抜けてみます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「流動資産」1370
決算期から1年いないに現金になる債券などです。
企業経営は最終的には、現金化できる資産をいかに
増やすかにかかっていきます。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
流動資産を増やしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2627

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月28日 23:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:10:面倒見の良い先輩の存在」です。

次のブログ記事は「セカンドオピニオン」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ