子供を褒める機会づくり

次男が暇そうにスマホゲームをしていたので

「家族のデザート買ってきて」

とお願いした。
私もなんならひまだったがあえて次男に
お願いした。

次男は快く?引き受け、スーパーでデザート
を買ってきてくれたので

「ありがとう、助かった。お駄賃」

と50円渡した。
次男はニヤリとした。
まあ、だいたいニヤリとしているのが次男
だが(笑)。

自分で動くと周りが暇になる。
自分が動いているのに周りが暇にしていると
ちょっとイラっとする。
周りに動いてもらうと、どんなことでも
ありがたいと思うし、お礼を言われた方も
まんざらでもない。

子供達はだいたい暇を持て余している。
だからそんな時はちょっとしたお手伝いを
お願いできると、奥さんの慌ただしさがなくなる
かなとちょっとだけ思ったんだよね(笑)。

少なくても私がいる時は子供達にお手伝いを
させます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「やってみせる」1316
やっているところを見せる。やってあげては
ダメ

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
やってみせて、やらせます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2616

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月17日 22:12に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「分かれ目」です。

次のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:4」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ