プライベートトークが苦手

週末は仕事ネタでなくプライベートネタで。
ということで

週末奥さんと話をしているとついつい

「だれに?」
「何を?」
「え?よくわからんかったんだけど。
結論は?」

と平日のビジネストークを引きずって
しまう。
奥さんはきっとそんなことを考えずに
普段通り話しているわけだが、どうしても
ビジネス脳みそでカチカチなため、感覚的
なトークになると苦手だ。

きっともっと奥さんの立場に立って聞いて
あげたらわかるんだろうけど普段から自分
の立ち位置を変えずに聞く癖があるし、仕事
のときはそれが通じてしまう。

それはそれで困った話だ。

LINE通訳も通用しないだろし(笑)

平日はビジネストーク
週末はプライベートトーク

と言う感じで二ヶ国語を操れるように奥さん
に鍛えてもらおうと思う。

明日、明後日で練習します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「もっと良い方法」1306
ありません。考えると、着手が遅れる。
今、出されている方針を実行して、現場で
起きる問題をクリアして、それから次に
あるものです。やる前に次のことを考え
ない。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
着手を早くします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2614

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月15日 23:22に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:3」です。

次のブログ記事は「分かれ目」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ