雰囲気の良い会社づくり:2

雰囲気の良い会社を作るために何が大事
なんだろうと今回を機会に考えてみてます。

当てはまっているかわかりませんが
一つの要因として

採用の説明会で会社のぶっちゃけトークをするから

があるかもしれないなと思っています。
まず代表である私とはどんな人間かをちょっとだけ
メリハリを効かせて伝えます。
さすがに弊社も100人になってきたので私が新規
入社者と触れる機会は少ないです。逆に100人の会社
だからこそまだ私の色が濃いところもあります。

私をみてやっていけないな
とか
まあこれくらいならやっていけそうだな
とか
たのしそうやん
とか

判断してもらえるように伝えていってます。
良いところも悪いところもだいたい話をします。

弊社ではお客様も従業員も長くお付き合いしたい
と言うのが基本的な考え方です。
私の今のレベルでお付き合いしてくださる従業員
弊社の今のレベルでお付き合いくださるお客様

を大事にしたいと考えています。
当然私も会社も従業員も日々磨いていますが
目指す先はまだまだです。
そんな発展途上な組織で一緒にやろうと思って
もらえる人を採用しているからと言うのがあるん
だろうと思いました。

目先の良いことで採用しても
目先の良いことで契約しても

結局退職にも解約にも痛みが伴います。
お互いにそんな思いをしないことが出会いの
原則ないでしょうか。

採用も契約も出会いでお互いにやっていけそうか
まずは私を、会社をオープンにしていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「目立つ」1295
評価されることです。1)上司から認められる
2)出世の原点3)注目される

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
目立ちます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2612

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月13日 23:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雰囲気のよい会社づくり」です。

次のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:3」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ