リスクを認識する経営スキル

経営をして行く上で重要なスキルの一つに
リスク認識があるなと思っています。

感覚的に売上を立てるスキルや人間性が
あってもリスク認識が弱いと最終的に
経営を継続させられていないのではないか
と思っています。

リスク認識をする時に圧倒的に使えるのが
悲観的な人です。

・こんな問題が起こっちゃうんじゃないか
・そろそろこんなことが起こっちゃうんじゃ
 ないか
・あのスキルだとこんな事件事故が起こっ
 ちゃうんじゃないか

うちの経営層で圧倒的に悲観的なのは私です。
悲観的なことに関しては自信があります。

私以外はかなり楽観的でいろいろな課題が
出た時に

「認識が甘かったです」

とか

「見れてなかったです」

とか

「大丈夫です」

と言われながら相当やばくて共有してもらえて
なかったりとか。。。

こうなることが私もわかってるわけですからそろ
そろ問題解決しないとなと思っています。
そうじゃないと本当にただの悲観的な人間
で毎日心配している人になってしまいます。

リスクの認識を高める、共有する一つとして
日々の環境整備があります。

本部長クラスもいっそのこと環境整備をやり直す
かかなとも思っています。
それか現実現場で痛い思いをしながら学ぶか、、、

まずは経営層でリスク認識の大事さを共有します。
丁寧に書いてるけど結構切実な感じで伝わってほし
いな。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「無駄遣い」1281
やめると新しい収入源を得たのと同じ効果がある。
数年赤字の新規事業とかプロジェクトを中止するの
も同じです。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
無駄遣いを減らします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2609

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月10日 22:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「行き着く先はどっちに?」です。

次のブログ記事は「1週間で3割素戻り」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ