雰囲気の良い会社づくり:8

雰囲気をコントロールするために
必要なことってなんだろうと考え
ると

「滞りをなくすこと」

なんじゃないかと思います。
どんな理由にせよ、変化している、
変わっている、動いている、なんなら
悪くなっている。

そういう意味では7年間で東京と大阪
を合わせると増床も含めると8回事務所
を移転しています。
ということはほぼ1年に1回以上移転している
ことになります。
書いてて恐ろしくなりました。

大阪は
西中島南方→堺筋本町→堺筋本町→中之島
東京は
渋谷(東京進出)→増床→渋谷→増床→新宿

移転先でもレイアウト変更は年4回してますし
コンサルはフリーデスクで毎日同じ席に座る
のは禁止です。

コンサルチームのメンバー変更も半年の間に
数人は異動します。それは相性を見ての異動で
無下な移動ではないです。

バックオフィスも一昨年から緩やかにジョブロ
ーテーションを始めています。

さすがに移転はしすぎなので今後はなんとか
レイアウト変更や同じビル内での増床で済ませ
られないかと考えています。

いずれにせよ、「滞らない」ように変化させて
いけたらと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「理解度」1357
言葉だけでは理解度は7%。話し方次第で38%
体験を通して55%です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
体験します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2624

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月25日 22:37に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「山登り」です。

次のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:9:事業の安定性」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ