雰囲気の良い会社づくり:3

雰囲気の良い会社づくりに欠かせないのが
何と言っても経営計画書だろうと思っています。

経営計画書は武蔵野様で指導いただき、真似して
作り上げたものです。
経営者の姿勢であり、会社のルールブックです。

どうやったら評価され
どんなことをしたら罰せられるのか

が明文化されています。
人事評価の仕組みが書かれている一方で例えば
クールビズ時以外で男性社員がワイシャツの第一
ボタンを外しているのは罰の対象になります。

経営計画書を作成して6年が経ちました。
毎年整理整頓され、ブラッシュアップされ、今
では部長が毎年各方針をアセスメントし、現状
できていることだけが残されているものです。

武蔵野の小山さんとの出会い、経営計画書との
出会い無くして雰囲気の良い会社づくりはでき
なかったことでしょうし、毎年の小山さんが
考えていることを知ることができるだけでも大
きいと思っています。

まだまだ拡大する我が社ですが、ますます
経営計画書が大事になり、ますます明文化
されたルールが大事になってくることでしょう。

これからも毎年経営計画書を作り続けます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「目的」1302
何のために、誰のために、を明確にすることが
大切です。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
目的を常に意識します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2613

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2017年7月14日 23:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「雰囲気の良い会社づくり:2」です。

次のブログ記事は「プライベートトークが苦手」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ