狙ったか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
年末に向けて今年の表彰者を幹部中心に
決める流れが動いている。
みんな頑張ってくれたのはよくわかる。
一方で表彰、優秀社員賞、新人賞、社長賞
などを狙いにいっていたかだ。

私もサラリーマン時代は一生懸命働いて
いるつもりだったが、今考えるとなーんにも
考えてなかったなと感じる。

まず
1年間をどうしたいか考えていなかったし
数字のイメージも持ってなかったし
会社のことも知らなかったし

そもそも会社で活躍するということと自分
がかけ離れ過ぎていて現実味がなかったな
と思う。

一方で独立して思ったことは世の中のほとん
どの社会人がなんとなーく仕事をしていて
一生懸命かもしれないけど向かう先は不明確
でただ現場には不満はあるけど変えることは
他人事的なところがあるなと感じた。

ちょっとがんばったら違う世界があること
も気づいた。

2016年が終わり2017年が始まる。
どんな一年にするのか?

これまでと同じでいくか?
何か狙うのか?
目標は?

私も来年は明確に狙いたい数字が幾つかある。
私一人では達成できない数字ばかりだが、
どう貢献できるか考え、一つでも多くの数字を
達成できるようにできたらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「現場第一」0442
1週間に2度も現場責任者を本社に呼びつけて
はいけない。現場で稼ぐ人がいなくなる。上司が
出向いていくのが本当。

CCCメディアハウス小山昇著  
『増補改訂版 仕事ができる人の心得』転載 
ーーーーーーーーーー 
現場に出向きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2414

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年12月28日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「慰労兼子離れ練習」です。

次のブログ記事は「従業員にも家族にも伝える大事にしていること」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ