情熱を形容詞に!

| コメント(0) | トラックバック(0)
・たっぷり海の幸の美味サラダ
・シールド乳酸菌入りフレッシュ
 野菜たっぷりのポテトサラダ
・京野菜入り緑の30品目サラダ
・海藻とじゃこのカルシウムたっ
 ぷりサラダ
・さびないカラダに緑黄色野菜
 サラダ
・ふっくらハンバーグ濃厚デミグ
 ラスソース

品川駅で新幹線ディナー用に買うロック・フィー
ルドさんのサラダ惣菜の名前です。

ネーミングの重要さ、大事さ、伝わり方
って違いますね。

「たっぷり」「ふっくら」「さびないカラダ」
などの形容詞がつくだけで美味そうな
雰囲気がマシマシだなと感じます。

私どものようなBtoBでは形容詞はいらないか?
いや仮に企業が相手でも購入を決めるのは
人である限り形容詞の威力は同じように
使えることでしょう。

形容詞は誇張か?
確かに誇張となる形容詞もあるかもしれません。
一方で売り手が買い手(将来のお客様)に届けた
い気持ちの表現とも言えます。

1商売人として自分の商品に自信を持ち、買い手
(将来のお客様)のことを考えて形容詞を使うこ
とは出会いたかったお客様の機会ロスをなくして
いくと言えます。

ましてや私どもの商品は売って終わりでなくお付き
合いが長く続いていく始まりでしかありません。
誇張であったらすぐに見切られることでしょう。

買い手(将来のお客様)に届く形容詞を売り手と
して考えていきます。みんなで考えます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「教材」0345
問題が起きた時です。ケーススタディにする。
一番勉強になる。
ーーーーーーーーーー
問題が起きたら教材にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2393

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年12月 7日 19:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「対峙するか同じ方向を向くか」です。

次のブログ記事は「簡単なようで悩ましい権限委譲」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ