採用説明会を教育の場に!

| コメント(0) | トラックバック(0)
今年のテーマは教育と啓蒙です。
後約2ヶ月。
教育を始めることはできたけど
すぐにどうこうならないのが教育。

教育で私の頭の片隅にずーっと残っ
ているのが武蔵野様のの部長、本部長の話。

「小山だったらどう考えるか考えるようになった」

だ。
うちではどうやったら実現できるんだろうか
とう命題があった。
そして新しい教育の場を一つ作ることにした。
それは採用説明会だ。
採用説明会ではうちの会社の考え方や価値観を
私が直接採用応募者に話をしている。
3年間説明会を聞き続けてきた小林亜美は

「最近は山口だったらどう言うだろなと
なんとなくわかるようになっていました」

と言われた。
結局は接触頻度なんだろうけど、会社を説明する
場を従業員の教育の場にしない手はない。

次回から説明会には課長以上を同席させられたら
と思う。よろしく>松口さん

採用説明会を教育の場にします。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「怒る」0153
周りのことが見えなくなる。
ーーーーーーーーーー
怒らない仕組みを作っていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2353

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年10月28日 23:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「シンゴジラに感じた日本人」です。

次のブログ記事は「部長以上へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ