300年企業に向けて

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日テレビを見ていたら八ツ橋の会社
本家西尾八ツ橋は創業以来300年の歴史
とのこと。

300年

10年でも9割の企業がなくなると言われている
のにその30倍の300年続いている企業って想像
が全くつかない。

私が古江さんと起業して18年目。
プリンスキーが法人化してから15年目
ISO総研が6期。

よく将来のビジョンについて聞かせてください
と面接で言われることがあるが私は

「5年後は経営計画書に書いてある。10年後は
逆にわからない。そこから先は夢みたいなことしか
書いてない。リーガのメインスポンサーになってる
とか、タイムマシンの開発とか」

と話す。
300年は確実に私は生きてない。
たしかにスゴイなと思うが、結局私にできることは
私が代表をやっている時にしっかりビジョンを作る
ことと、理念、三精神に基づき経営していくことで
私以外が代表になっても同じ方向性を向いて経営が
できる基盤を作ることだろう。

変わらない味は目指せないが変わらない精神を貫ける
ように私も自分が掲げた理念と三精神を貫きたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「笑顔」0128
笑顔は無料でも、無限の価値がある。笑顔は相手の
人に対する好意・歓迎の意思表示です。無愛想な表
情では心が伝わらない。笑顔は、最も価値のある
サービスの一つです。練習しだいで誰でも美しい
笑顔になれます。どうしてもうまくできない人は
職業を替えたほうがよい。
ーーーーーーーーーー
笑顔でいる時間を増やします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2348

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年10月23日 21:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「変化についていけてない」です。

次のブログ記事は「IT化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ