真の勝利

一見勝っているようでいて中長期的に見たら 負けていたりすることってある。 逆に一見負けている、またはいっとき我慢が必要 だったり恥ずかしかったりするけど真の勝利はそ の先にあったりする。 例えば私は師匠から「ばかばかばか」とお褒めの言葉を みんなの前でもらうこともあるし、先輩経営者からも 「ほんまにお前はセンスないな」 とか 「山口さんは儲ける気ゼロやな」 とか ピコピコハンマーで撫でてもらいながら、可愛がって もらうことがあるが、まさに私には愛情にしか感じて いない(笑)。 どんなお褒めの言葉をいただいても、どれだけ 可愛がっていただいてもビジネスの勝利は結果だ。 つまり自分が言葉から行動を変え、一つでも先に 進んだら勝ちだろう。 逆にそんな師匠や先輩経営者に楯突いていっときの自分 の憂さを晴らしてもなーんにも得るものはない。 それはお客様に対しても同じことだ。 うちの勝利は継続してもらうことだ。 そしてそれは無理やりではなくお客様からしっかり お願いされ、継続してもらえることだ。 それ以外に真の勝利はないし、それこそ目指すべき 勝利であって、いっときの我慢しないといけない ことは我慢すればいいことだったりすることがある。 運用代行というサービスは真の勝利を目指せる サービスだと思っている。 目先の勝利でなく真の勝利とは何かをみんなで 共有できたらなと思う。 まずは課長以上から共有します。

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「明るい」0006
虫と同じように人が集まる。物がきれいにみえる。
防犯上もよい
ーーーーーーーーーー
明るい環境にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2323

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年9月28日 21:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「なぜJR西日の売店がセブンイレブンに?」です。

次のブログ記事は「改善は不満」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ