考えてる時間と処理する時間を分ける

効率的な処理を実現するためには考える時間と
処理する時間を分けたほうがよい。

そんなことをポケモンGOをやりながら考えて
いました。

禁断の?ポケモンGOネタです。

昨晩はようやくたまったコインでしあわせたまご
をゲットし、30分間ひたすら進化し続けました。

ゲームで課金をしない私にはしあわせタマゴは
貴重で30分間をどれだけ有効に使えるか考える
必要があります。

有効に使うことを考えると30分間でやることを
明確にしておく必要があり、事前に決めておく
必要があります。

なので簡単ながら処理手順を作り、しあわせタマゴ
を使っている時間は何も考えずひたすら処理し続ける
ようにすることが大事になってきます。

ポケモンGOをしていないとわかりにくいと思います
が、進化が最もポイントが高く、その中でも新しく
図鑑に登録される進化のポイントが高いのです。
ということは

・新規図鑑登録の進化
・普通の進化

進化時間は普通の進化で25秒くらい。
図鑑登録の場合はもうちょっと時間がかかります。

ということで約70のポケモンの進化ができるかどうか
ということになります。

仕事でも同様だなと思うのですが、限られた時間の
中で効率を追求するなら手順を決めることと処理スピ
ードを把握しておくことでしょう。

逆に言うと処理スピードを測っていない。手順がない
ということはまだまだ効率を追求できるということに
なります。

バックオフィスでは手順をどんどん揃えていってますが
まだ手順がない部門や処理スピードが不明確な作業が多々
あります。

全てをいきなりはできませんが、効率を追求できる部分
は日々1秒1歩1関節ずつでも改善していけたらと思います。

私も考えることと処理することを分けて効率を追求できる
ところを追求していけたらと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「理念」1366
変わってはいけないものです。変わらなくてはいけないのは
戦略・戦術です。
ーーーーーーーーーー
戦略、戦術を変えていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2317

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年9月22日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現場のヒールリフト」です。

次のブログ記事は「人の成長は嬉しい」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ