現場のヒールリフト

昨日帰宅すると長男は家の中にも関わらず
ヒールリフトの練習をしていた。
(マンションの下の人すいません)

先日のU12の大会で相手チームに上手い子が
いて、その子にヒールリフトで抜かれたのが
きっかけのようだ。

中盤でボールをキープして3人が取りに行って
も取れない相当な子だった。

あとで話を聞くと市のトレセンに選ばれている
ことのこと。逆に行ったらあんなに上手くて市
のトレセンなんだと大阪市の層の厚さにも驚いた。

画面で見るより、スタンドで観戦するより
同じグランドに立ち、対面してその凄さを
1番体験できることだろう。

まさに現地現物現場だ。

これからも強豪とぶつかり、上手い子と対戦し
刺激させながらうまくなってくれたらなと思う。

私も遠くから見守れるようにします。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「リーダーの条件」1362
人より早く気づき、それを他人に伝えることです。
継続して人をときめかせることです。
ーーーーーーーーーー
人をときめかせるために私がときめきます!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2316

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年9月21日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「遅さの追求」です。

次のブログ記事は「考えてる時間と処理する時間を分ける」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ