家庭が会社を変える

今日の午前中は社内結婚し育休中の従業員と
復帰に関してのケア面談だった。
かわいい子供も抱かせてもらってそれだけで
ご利益があった気がした(笑)。

さらに夕方帰社すると、別の社内結婚し
明日から産休に入る従業員からしばらくのお別れの
挨拶とお菓子をいただいた。

私も結婚して13年?
結婚当初は帰宅が23時でも奥さんが夕飯を食べずに
待っていることが心苦しかったが、奥さんからすると
一人でご飯を食べるのがわびしいということで
少しでも早く帰ろうと思うようになった。

子供ができると、なんだかんだで育児にもかかわる
ことがあり、さらに仕事の環境や家庭環境が一変した。

一昨年の年末に入社した、今や課長のTさんを採用する
ときは、子供が2人いるということでさすがに当時の
給与体系ではしのびなくいくつか特例で手当てをつけた。

私は鈍感な方なので家族ができなかったら決して
家族を持っているひとの気持ちがわからなかった
ことだろうし、今みたいに産休育休を認めることもなか
ったかもしれない。

しかし家族ができたことをきっかけにして会社の環境を
よくせざるを得なくなり、より多くのひとが働きやすい
環境ができてきたんだろなと思う。

だからこそうちの従業員には彼女彼氏、そして奥さん
子供を持って家庭を持ってもらえたら嬉しい。

そして変わっていく自分を感じて欲しい。
優先順位が全く変わる自分に出会って欲しい。

せっかくうちの会社に来たからにはうちの会社を通じて
みんな幸せで豊かになってくれたら嬉しいし、私もまだ
まだ環境としては発展途上だがよりよい会社になるべく
整えていけたらなと改めて思った。

まだまだ環境を整えます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができるひとの心得
「目玉」1298
3つ必要です。4つは多すぎて焦点がボケる。多いときは
4つ目以降のものを捨てる。2つのときは無理やりもう1つ
つくる。
ーーーーーーーーーー
3つの目玉を作ります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2302

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年9月 7日 20:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ISO規格改定の駆け込みで審査は混みあうか?」です。

次のブログ記事は「人間は飽きる動物」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ