なぜJR西日の売店がセブンイレブンに?

最近のJR西日本の変化として駅内の売店が
全てセブンイレブンになっていってます。

今まで自社でコンビニ的な業態(ハートイン)
を持っていたけどコンビニ的であってコンビニに
なれていないところがあり、通行するお客様の
不満足要素になっていたのかもしれません。

コンビニ運営で言えばセブンイレブンが圧倒的
なノウハウを持っているわけですから日販も
増えるでしょうし、お客様の不満足要素も相当
軽減されることでしょう。

そしてJR西日本はそもそものインフラ事業に特化
することで店舗収入が安定的に入ってくること
になります。

餅は餅屋

というのが経済原則。

それはコンビニという業態だけでなくビジネス全般
が長い潮流の中で専門特化する方向に進んで行く
ということも原理原則かもしれません。

そしてそれはISOやPマークの業界でも例外ではない
でしょう。

ISOやPマークを自社で作業をして儲かるならやって
見たらいいと思いますが、この業界に入って18年間。
そんな会社は見たことありません。

まだまだ自社で運用するという企業がありますが
早く気づいてくれたらなと思います。

業界のトップ企業としてさらに啓蒙していきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「赤字会社」0004
社員が挨拶をしない。赤字が続くということは自分
の職場がなくなるということです。
ーーーーーーーーーー
挨拶を率先してやります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2322

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年9月27日 22:19に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「未来の組織図」です。

次のブログ記事は「真の勝利」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ