最強のポータブルスキルとは!

私がサラリーマンだった頃はできなかったし
想像もしていなかったことですが、うちの従
業員ができるようになって欲しいスキルとして

代表である私を使えるようになって欲しい

と思っています。
会社の中で代表というとなんだかんだで持ち上
げられ腫れ物的に扱われます。そしてうるさい
ことを言われる存在かもしれません。

しかし改めて考えて欲しいです。
代表って本当はもっと使えるものです。

例えば対お客様で言えば
代表が行きますというだけでお客様も代表が来て
くださったりしますし、同じことを伝えるとなっ
ても肩書きが代表というだけで伝わり方が違った
りします。

社内だったとしても
どれだけ自分が言って動かない人が、私から言っ
たり私が見えるところで言ったりしたら途端に動
いたりしたりします。

代表への恐れがあり、ちょっとまだできないと思う
人は課長くらいから使ってみるかですね。
で、部長、本部長、役員と使っていくのもアリかも
です。
いきなり私でもいいですけど(笑)

代表を恐れ多いものという捉え方から「ツール」と
考えてもらったらもっと使い方があることでしょう。

そして代表を使えるというのは多分最強のポータブル
スキルになることでしょう。

私も使われ上手になります。

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「間違い」1243
人には盲点や死角があるから、間違えても良い。大切な
のは、それを肥やしにすることです。勘違いをしてはい
けないのは、失敗したことが悪いのではなく、失敗した
ことを正確に上司に報告しないことが悪いのだというこ
とです。
ーーーーーーーーーー
間違いを肥やしにしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2287

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年8月23日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「過去問こそ最高の受験対策」です。

次のブログ記事は「ISOと経営計画書を一本化」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ