教えると教育の違い

教えるということと教育ということの違い
をなんとなく感じ始めている今日この頃です。

教えたら育つかと言われたら教えたからと
いって育つとは限らないということです。

むしろ育てるということを目的に考えた
場合に教えないという選択肢もあるな
とも言えます。

教えるのが丁寧でやさしいけど育てられない。
教えてもらえなかったという上司の元でむしろ
育っている。

現場ではそういった事例が出ていることも
あるなと思います。

短期的にできるようにするには丁寧に教えた
ほうが良いかもしれないが、中長期的に
育つのか。。。。

教育って難しいテーマだなと思います。
いずれにしろ育つことを目的にして
教育をすることを社内で共有していく必要があるな
と感じました。

単に教えているだけでなく育てることを考えさせる
ようにします。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「朝令暮改」0947
方針がコロコロと変わることです。
変化に対応して生き抜くには、これ
しかありません。
ーーーーーーーーーー
方針をコロコロ変えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2225

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月22日 20:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成果よりも履歴書」です。

次のブログ記事は「帰って来い選択と集中」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ