耳の痛い話

今日は年に2回だけサシ飲みすると決めている
弟と焼肉の名店「くにもと」で会食してきた。
二人とも飲んでないけど(笑)。

そしてもう一つ決めていることは年2回だけ
耳の痛い話を弟にするということだ。

弟はこじんまりと商売をしているが、これが
なかなか上手くいかない。

あくまでも私見だが
今の取り組みも残念ながら上手くいくように
見えていない。

安易に

「それやってみよう」

というのは簡単だ。
そしてお客様なら

「それでいいですね!」

と言っている時も正直ある。しかし弟となったら
やっぱり安易に

「それでいいですね!」

とは言えない内容だった。
弟からしたら耳の痛い話以外の何物でもない。
嫌な時間だっただろうなと思う。
そして受け入れられないだろうなと思う。
だけど気づいてほしい。それで今まで上手くいったか
どうか。

逆に誰の話を取り入れても上手くいったら手柄は
本人のものだ。

私もビジネスモデルはいろんなもののモノマネから
全て入っているし、師匠からや先輩経営者からのア
ドバイスで上手くいったことだらけだ。

社内の取り組みだって古江さんの案や佐藤さんの案
でうまく回っていることがほとんどだ。

弟に耳の痛い話をするのは年2回までと決めている。
次は来年の2月だ。弟の商売がうまくいくまで他の
誰が言わなくても私は耳の痛い話をし続けようと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「近道」0920
遠回りしたことがある人、ムダな体験や
失敗が豊富な人でないと見つからない。
ーーーーーーーーーー
遠回りやムダな体験も活かします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2217

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月14日 21:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「わがままな脳みそを作るトレーニング」です。

次のブログ記事は「自己紹介」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ