クレームは減るのが正しいか?

「クレームが多いのではなく現場の
声を吸い上げて改善につなげられて
いるということに気づきました」

武蔵野様の店長会議に参加していた
企業の社長が発言していて私も気が
ついた。

3ヶ月前から始まったクレーム案件会議を
通じてクレームが徐々にクローズされて
きているなと思っていたが、もしかして
それは過信では?と感じ始めた。

そして時間が経つにつれて確信へ。

現場からもっとお客様の不満足要因を
拾えるようにしていく必要がある。

現場の声をもっと吸い上げられるように
します。そして現場に赴きます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「ダブルキャスト」0900
不測の事態に対処できるものです。サブを
つくることです。
ーーーーーーーーーー
ダブルキャスト化を進めます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2213

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月10日 22:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「同期という刺激」です。

次のブログ記事は「取り戻せるものと戻せないもの」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ