同期という刺激

「同期が現場で主導を取ってる姿を見て
 刺激を受けました。」

新卒説明会で今年入社した新卒が来年の
新卒候補者に伝えていました。

同期の現場に同行し現場で主導を取って
お客様と打ち合わせをしている姿を見た
ようです。
自分との差を感じたのかもしれません。

がんばれというよりも、刺激を受ける環境を
作り切磋琢磨させるほうがよっぽどうまくい
くのかなと感じた瞬間でした。

従業員教育でも育児でも私自身でも刺激を受けられる
環境づくりを考えます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「正しいこと」0893
少し控えめにいうことが大切です。処世の知恵です。
わかる人にはそれでわかる。わからない人は仕方がな
いが、控えめに言えば反発も少ない。
ーーーーーーーーーー
控えめにいう癖をつけます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2212

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月 9日 21:35に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「共通の道具を共有する」です。

次のブログ記事は「クレームは減るのが正しいか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ