共通の道具を共有する

飲み会でお店までアテンドするのも従業員の
大事な役目の一つです。なぜなら仕事の一環として
グーグルマップを見ながらお客様先に時間通りに
訪問する必要があるからです。

お客様訪問をグーグルマップを見ながら行けるか
は居酒屋に私をアテンドできるかでわかります。
今日も

「こっちです」

と全く反対方向に案内された(笑)。
不安だったので

「グーグルマップで見てるか?」

と聞くとみてますとのこと。
しかし本当にグーグルマップを見てるだけだった。
グーグルマップでルートを出しルートとずれてないか
確かめながら歩くことが大事だ。
なぜならグーグルマップのGPSもおかしいときもあるし
マップ通りに行ってるつもりで道が間違って
しまってるときがある。

案の定ルートは出していない。
そもそもルートの出し方もわからない。
スマホを借りてルートを出し、渡した。

自分がグーグルマップを使えるから誰でも使えると思ったら
大間違い。最初はグーグルマップを使えないことに
イライラしていたが、最近使えないのがデフォルトなんだ
ということに気づいた。

武蔵野様の経営計画書には地図の見方が入っているが
弊社ではグーグルマップの使い方、路線検索の使い方
を入れたほうがいいんだろなと感じている。

共通の道具を共有し使い方を共有します。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「ターゲット」0889
時間の経過とともに変わるものです。
ーーーーーーーーーー
ターゲットが変わってないか確認します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2211

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月 8日 23:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「部長のスピード、課長のスピード」です。

次のブログ記事は「同期という刺激」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ