定期昇給できる会社の条件

弊社は昨年から武蔵野様式の人事評価制度、 
給与体系を導入した。その結果として 

・年に1度の定期昇給 

が必ずある会社になった。相対評価で 
AからCを決める。経営者として恐ろし 
いのはC評価(一番悪い評価)でも年に 
1度定期昇給があるということだ。 

そもそも定期昇給ができる会社の条件 
を考えたことはあるだろうか? 
定期昇給をするためには 

会社は毎年増収増益 

でなければできない、ということだ。 
そして今いる人の給与は年々増加する 
わけだから、利益率も良くならないと 
できないということになる。 

弊社で増収増益するためには何が必要か? 
それは 

お客様数の増加 

である。 
つまり 

お客様数の増加なくして増収増益なし 
増収増益なくして定期昇給なし 

ということになる。 
定期昇給を毎年きっちりできるように 
強かな会社にしてお客様を増やし、増収増益 
を実現していきます。 

よし!やるだけ! 

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「損の道を行くこと」0861 
常日頃から蓄えをしておきなさいという意味です。 
蓄えがないと、本当に損をしなければならない場面 
で損ができません。 
ーーーーーーーーーー 
蓄えます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2204

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年6月 1日 23:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「もっと給与体系の勉強を!」です。

次のブログ記事は「長く付き合えることを大事に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ