お客様のことを考えないと損をするのはだれか?

共同勉強会の資料作りということで
打ち合わせが組まれていたからすっかり
私がチェックをするのかと思っていた。
実際はインタビューするという。

「何のインタビュー?」

と聞くと

「武蔵野様との出会い」

とのこと。

「それは必須なの?」

と聞くと

「共同勉強会の責任者に確認します」

とのこと。

「必須じゃないが、こういうストーリーで
作りたいみたいです」

と私に伝えてきた。

「じゃあそのまま書けばいいじゃんか」

と私は伝えた。
私の立場にも責任者の立場に立たず結局
損をしているのは板挟みの作成担当SRさん。
行ったり来たり大変だけど、それを招いちゃ
ってるのは自分のスキル不足だよな。

素直でいい人だけどそれだけじゃ業績を
あげられない。

お客様のこと、相手のことを失敗しながら
考えられるようになっていったら良いよな。

そんなエールをこめて書いてみた。

大事な従業員にエールを送り続けます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「意欲」0086
人間は自分のためになる時、最もやる気
になる。
ーーーーーーーーーー
不純な動機で働きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2071

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年1月20日 22:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分を批判する」です。

次のブログ記事は「規格の改定があったら仕事が変わるのか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ