「意味」を共有することでさらに進化させます

日々クレームをいただきます。
最近感じているのは日々のクレームが
全部一つの課題によって起こっている
ように感じることです。

それは弊社のサービスに関する
考え方を従業員に教育できていない
こと。
そして
それをお客様に伝えられていないこと。

以前プライバシーマークの審査員には

「JIPDECの他の審査員を随分誤解させて
しまってるかもですね」

と言われたことを思い出します。
また昨日は

「ホームページでは単なる安売りに見えたんですが
こだわりや考え方がしっかりされているんですね」

とおっしゃっていただきました。
改めて考えると弊社では随所にこだわりや
そうすることの「意味」があるのに
「意味」を伝えず方法だけを教育指定しまっている
結果としてクレームになっていたり、お客様が
不審に思った時に返答できないことでクレームに
なっているなと感じます。

毎年大きなテーマを市場から、お客様から、ライバル
から、従業員からもらいますが、今年もしっかり
受け取りました。
そしてワクワクする進化を遂げる方向を見出せたこと
に感謝して着々と進化させたいなと思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「朝の時間」0013
最も個人差が出ます。自発的に当日の計画・準備をした人が
成果をあげる。
ーーーーーーーーーー
朝の時間を大切にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2059

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2016年1月 9日 01:06に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「均一なサービスに向けて」です。

次のブログ記事は「評価よりも納得するか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ