うちのビジネスにおけるトップ営業

| コメント(0) | トラックバック(0)
病み上がりにウォーキングしながらヴォイス
メールを聞いていた。師匠が

「中小企業はトップ営業だ。」

とコメントしていた。
このコメントの意味はわかる。トップが
お客様先に行き受注を取り、そこから
リピートしてもらうと言うイメージなん
だろう。
一方で長年疑問があった。
じゃあダスキンとかはどうなんだろか
経営サポートは確かに師匠めがけて入る
わけだが直接営業されたわけではないし。。。
うちの会社もめっきり私に営業させてくれな
くなってトップ営業ってどうしたら良いのかな、
またはうちは違うのではないか。。。

と思っていたが今日ちょっとその疑問が
解消された。

うちのビジネスとしてのトップ営業は
やっぱりあって師匠と同じことはできな
くてもベンチマークしトップ営業を意識
することが大事なんだと気づいた。

そういう意味では去年は私は全く怠慢だった。
トップ営業的なことは何もできていない。

よく考えると世の中でも同じようなトップ営業
をチラホラとイメージすることができた。

まだ具体的にどうして行ったら良いかわから
ないがうちのビジネスとしてのトップ営業を
来年はしていくことで日々の数字、月々の
数字に貢献できたらと思った。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「良い方法」1337
今できることをすぐやらないと見つからない。
間違っても良いのです。
ーーーーーーーーーー
今できることをすぐにやります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2048

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年12月28日 23:52に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ヘルプサインに気づく」です。

次のブログ記事は「暇は飽きる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ