体験が共感を増やす

| コメント(0) | トラックバック(0)
お客様とのやりとりについて東京オフィスで
Oさん(女性)に指導していたが、あまり響か
ないので例えを恋愛に変えてみた。
Oさん(男性)がたまらず笑い出す。
武蔵野の小山さんが言うところの

「体験者じゃないと笑えない」笑い

だった(笑)。
社内で話をするとき、ときにはお客様に話を
するときに直接的な仕事の話で通じないことが
多い。
だからこそときには

・恋愛
・野球
・サッカー
・ラグビー
・剣道
・車
・弓道
・漫画
・小説
・ドラマ
・旅行
・・・・・・・

相手に合わせた例えが必要だ。
例えをしようと思ったら体験がないと例えられない。
体験が増えると話の引き出しが増え相手との共感が
増える。
だから体験が大事なんだろう。
相手との共感を増やすべく新たな体験を増やしていけ
たらと思う。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「熱心」1077
相手が根負けするまで、訪問回数を重ねることです。
自分に根負けしないことです。
ーーーーーーーーーー
自分に根負けしません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/2002

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年11月12日 21:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「失敗の体験が未来への備え」です。

次のブログ記事は「ダウンサイジング」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ