箇条書きする習慣

| コメント(0) | トラックバック(0)
同行訪問後のランチで

「うまく言葉で説明できなかったり、うまく
タスクを管理できないんですけど」

と軽めの相談を受けた。
説明したり、話を聞いたり、タスク管理をしたりするのは
誰でも最初からできるわけではない。
方法を教えてもらい、実践し、失敗しながら
少しずつ身につけていくものだ。

余談だが
コミュニケーション能力やタスク管理
こそ本当のポータブルスキルだと思う。
どんな仕事でも必ず必要だけど測る指標はない。
一方で上手な人とそうでない人で差がつく。

説明したり、話を聞いたり、タスク管理したり
するのが上手になるのは一朝一夕というわけには
いかない。
ただし大事なことは一つだ。
書いてみることだ。
箇条書きが良い。
長い文章だと意味がわからなくなる。

・説明したいことを箇条書きにする。
・聞いたことを箇条書きにする。
・遣るべきタスクを箇条書きにする。

書くとは現状把握すること。そして見えるようにすること。
頭の中から吐き出すこと。そして忘れるためだ。
それからあとは整理整頓。

まずはノートを持ち困ったら箇条書きにする
ことを続けて欲しい。

私も日々ノートに箇条書きをしていきます。

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「トップの実力」1022
体力です。どんなに実績のある人も、体力が
落ちれば人心が離れる。
ーーーーーーーーーー
体力をつけます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1992

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年11月 2日 21:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「天を突き抜けるコロッケのように」です。

次のブログ記事は「ボコボコな体験も糧になるだろうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ