サッカーができないパパが息子に教えたいこと

| コメント(0) | トラックバック(0)
サッカーのうまいパパさんを見ると
直接実践で教えられて羨ましいと感
じます。

だからといって今更私がサッカーやっ
てもうまくなるわけないです。

そしてサッカーができないから息子に
何も指導できないかというとそんな
こともないと思っています。

私の仕事に絡めて指導するとなると
何があるかと言われたらそれは

「PDCA」

でしょう。PDCAとは
プラン、ドゥ、チェック、アクション
の略です。
ざくっというと

0)目的目標
1)目的目標をたっせいするための計画をする。
2)計画通りに実行する
3)実行した結果目的目標を達成したか測る
4)次の目的目標はどうするか決める

という流れです。
弊社の仕事と関連するISOの基本的な
考え方です。一方で武蔵野様から
PDC(L)Aサイクルの回し方を環境整備
を通じて教わっています。

仕事の成果もサッカーも勉強も「PDCA」
が適切に回れば今よりも必ず良くなる
ことは間違いありません。
問題は回し方だったり、Pの設定方法だったり
チェックの仕方や評価基準。そしてどう次の
アクションに結びつけるかです。
実は弊社はPDCAを知り、商売道具にする一方で
自社でちゃんと回せているかと言われたらそれは
全く別物でお粗末極まりないというのが正直な所。
そして回し方を武蔵野様に教わってもいます。

息子のサッカーにある意味唯一関われる所である
PDCA。息子が自分で目的目標を設定し、計画し
実行し、チェックし、見直しをする事ができるように
なってくれたらなと思っています。
そのために会社のお金と従業員と武蔵野様を使って
学び、実践力を上げ、息子に伝授できたらと思います。

息子の半年の実行計画でも作ろうかな(笑)。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「闘志」1010
燃やしてはいけません。かえってマイナスです。仕事は
先が長いものです。闘志は長く持続しないものです。
ーーーーーーーーーー
淡々とやっていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1990

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年10月31日 22:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「UBERの便利さ!」です。

次のブログ記事は「天を突き抜けるコロッケのように」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ