思い知らされる「現実」が活力

| コメント(0) | トラックバック(0)
夕方からは長男の練習の付き添いでした。
上手い子が集まるプライベートチーム
の練習です。
普段はチームで余裕な顔でやってますが
ここではそういう訳には行きません。
判断スピード、ポジショニング
普段得意にしているはずのリフティング
やシュートもこの練習では全てまだまだ
だと感じたことでしょう。

普段のチームに居るだけでは自分のスキルの
現実を知ることはできない。上手い子達の練習
に参加することで今の自分の現実と出会うことが
できてるんだと思います。

私で言えば新卒市場が「現実」に当たると
思っています(今年は無事終わりましたが)。
業界ではトップクラスのシェアを持っていると
いっても新卒市場の見られ方は

ただの「中小企業」

でしかないことを思い知らされます。
給与水準も労働環境もチャレンジできる風土も
その他もろもろもも中小企業のカテゴリーを
でるものではないという「現実」を思い知らさ
れます。

「現実」を思い知らされるからこそ高みに向けて
頑張れるしまだやれることがよくわかります。

長男も私も夜明けに向けて日々精進できたらと
思います。よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー 
仕事ができる人の心得 
「近道」0920
遠回りしたことがある人、ムダな体験や失敗が豊富な
人でないと見つからない。 

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4484122197/ref=as_li_qf_sp_asin_tl?ie=UTF8&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4484122197&linkCode=as2&tag=isobookreview-22 
小山昇著 
CCCメディアハウス 
ーーーーーーーーーー 
遠回り、ムダと考えず様々な体験をしていきます。




トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1976

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年10月17日 22:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「成長と組織の強さは別もの」です。

次のブログ記事は「懲りたら変わる」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ