百?は一見にしかず百見は一考に如かず百考は一行に如かず

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日はある取り組みに関して外部の方に来ていただき
説明いただいた。その結果

Mさん「山口さん、すごいっすよ、◯◯。
    ◯◯で□□で、いやあ、もう全然こっちですよ」
山口 「いやいや、そんなん言ったじゃんか。だから
    そういう場を設けたのに」

私の話を聞いているかどうかはわからずMさんは
そのあとも◯◯の素晴らしさを私に説明してくれた(苦笑)
そして夜の飲みーティングでは

SHさん「山口さん、すごいっすよ、◯◯。
山口 「いやいや、そんなん言ったじゃんか。」

私が何度も何度もいうよりも自分で話を聞き
イメージしてもらうのが結局速いし私もなんなら
楽だ。
最終的に私の向かいたい方向に進めばそれはそれで
良いわけだし。

まさに
百?は一見にしかず百見は一考に如かず百考は一行に如かず

だらだら説明するのは最小限にしてとっとと
行動させます(笑)

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「存在」0859
誰かにとって、あなたがいないと困る状態です。お客様から
は名前で呼ばれるようになることです。
ーーーーーーーーーー
名前を覚えてもらえるようにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1966

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年10月 7日 21:25に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「お客様を本業優先に導く」です。

次のブログ記事は「変化は我が社の都合を待ってくれない」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ