嫉妬という原動力

自分の強みかなと思うことの一つに
嫉妬をそのまま伝えられることがある
なと思ってます。

人気者の古江さんに嫉妬し
頭の良い奥さんに嫉妬し
うちよりもどんどん成長していくコンサル会社時代の
知り合いで今はお客様の会社に嫉妬し
武蔵野様の経営者諸先輩に嫉妬し
全てでかなわない師匠に嫉妬し
お客様数が弊社よりも多い古田土会計様
に嫉妬し
遊び上手な佐藤さんに嫉妬し
適当な結石さんに嫉妬し
サッカーに打ち込む息子に嫉妬し

という感じ。

独占欲が強く全て手に入らないと気が済まい
たちだった。

若い時は嫉妬しているだけだったが、今では
それを公言できそして自分を成長させる糧と
することができるようになったなと思う。
全てじゃなく絞り込んで羨ましく思い、
そうなりたいと思い、そうなりたい行動をし
結果を得る(まだ得てないが)

あるいみ嫉妬深くてよかった(笑)
まだまだ嫉妬の力を利用して成長させます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「適材適所」0974
思わしくなくても、もっとすぐれた点がある
と信じて、仕事を変えてやることです。魚が
その人の能力なら、水は環境です。その人に
合う水を選んであげることです。
ーーーーーーーーーー
水を選べるようになります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1741

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月24日 21:16に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「社長との対話の機会の大事さに気づく」です。

次のブログ記事は「具体的にを具体的に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ