二度とない育児という機会を大切にする

今日も終日イクメンでした。
午後から下の子の保育園の製作発表会。
夕方からは上の子のサッカーの練習への
付き添い。

育児に関わるのはあと何年なんだろう
と思います。大変という意味ではなく
どちらかというと寂しいという感じ。
しかし親離れが必要なのと同じように
子離れも必要。

育児といっても全てをしてやれるわけ
でもなく、正解もなく、関われる度合い
も決まっている。

土日が中心の育児という二度とない日を
大事にしながらも親の関わり方と子離れ
のタイミングも常に考えておきたいなと
思います。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「強い組織」0958
トップが1週間留守をしても大丈夫な組織です。
トップの大切な仕事は、お客様を迎え入れる前に
まず中にいる人を育てることです。
ーーーーーーーーーー
育成に力を注ぎます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1739

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月22日 23:51に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「新しい体験の機会を作る」です。

次のブログ記事は「社長との対話の機会の大事さに気づく」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ