新しい体験の機会を作る

「釜飯が食べたい」

と上の子が言い出した。
月に一度の外食で近くの焼き鳥屋さんへ。
そこのメニューに釜飯があり、食べたくな
ったようだ。

「何で食べたいの?」

と聞くと

「以前から気になってて、昔見ていたアン
パンマンにでてきたかまめしどんが気にな
ってたから」

とのこと。小2といってもまだまだ子供で
なんとも可愛らしく感じた。
同時に新しいことに興味を示し、体験しにいく
ようになってくれたことも嬉しい。
サラダにあったアボガドや、せせり焼なんかも
初めてながら積極的に食べていた。
新しい体験に貪欲になってよかったと感じる。
今はどうやらキャビア、フォアグラ、エスカルゴ
が食べたいらしい。全部ドラえもんのスネ夫の影響
だが(笑)

私も含め家族、従業員への新しい体験の機会を
どんどん作っていきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「伝える」0957
同じことを6回繰り返して初めて、全体の60%
の意思や情報が伝わる。
ーーーーーーーーーー
同じことを6回繰り返して伝えていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1738

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月22日 00:03に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「良い案を持ってこれるような問いかけをする」です。

次のブログ記事は「二度とない育児という機会を大切にする」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ