試されごとと心得る

「これお土産」

とある資料を現地見学会に初めて参加させた
Uさんに手渡した。

「あの、二つはいらないです」

との返事。そのあとネタばらし。
私や上司から意味がわからない事や
理不尽なことを言われた時にどんな
反応をするか見てどの程度のストレ
ス耐性なりロイヤリティなりがある
か見るわけだが、ロイヤリティが高
いKさんなら

「はい、ありがとうございます」

となる。
私は私なりに従業員を試し育成度合
を見たりする。

どんな小さなことでも試されてるんだ
という意識を持つことって大事だと思う。
一見理不尽に思えることでも、違う視点で
見たら合理的なことなんて沢山ある。

私もある意味師匠からはいろいろと試され
ているなと思うときがある。まだまだ
師匠の前で丸裸になれていないとみられて
いるうちは成長が遅いし、よく捉えると
まだまだ成長の余地があるとも言える。
早く師匠から丸裸状態と言ってもらえる
ようになんでも受け入れていきたい。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「注意」0931
気がついたときにその場でする。ワンテンポ
おくと、価値がなくなる。何も言わないのは
優しさではありません。不親切なだけです。
ーーーーーーーーーー
お節介と思われるくらい注意していきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1733

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月17日 00:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「素直にさせる実力をつける」です。

次のブログ記事は「5年後に年収1000万の従業員を5%にするために」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ