昔話ができるメンバーを増やす

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「戦い」0891
基本的には質を求めてはいけない。
量です。相手の弱点を見つけて、そ
こを突くことです。
1)主導権を握ることです。
2)勢いが大切。短期戦は成功する
  が長期戦は成功例が少ない
3)勝ち目がないときにはやらない
4)功名を上げるものではなく、大切な
  ものを守るために行う。
5)味方を助けないと、自分も生きられない。
ーーーーーーーーーー
淡々と戦います(笑)


ーーーーーーーーーー
以下本文
財務のみで懐かしの西中島南方の
手羽小僧へ行ってきました。
5年前は西中島南方にオフィスがあり
弊社創業の地でもあります。

西中島南方時代を知っているMさんが
いたこともあり軽い昔話も出て和やか
で楽しいひと時でした。

昔のアホな話や失敗談など照れくさくもあり
懐かしくもあり楽しいものです。

昔話をするには昔が必要。
つまり歴史がないと昔話が
できないなあと気づきました。
それと沢山の苦難やチャレンジ
や戦いの歴史が必要(笑)。
そして私の夢が今日一つできました。

「昔話ができるメンバーを増やす」

です。
辛い時の話、いろんな局面の話
それらを乗り越えてお互いに一緒に
やってこれたメンバーとだけ分かち
合える昔話。

5年後、10年後楽しく昔話をするために
今全力でやります。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1726

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月 9日 23:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「時間の早さにいつ気づくかで人生って変わる」です。

次のブログ記事は「神頼みの前にやれることをやったか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ