無駄か必要な冗長性か

鳥取に行くのは2回目だった。
以前はおそらく営業で行った
気がする。
営業だったので営業活動して
そのまま帰阪して終わりだった。

今回も内定者の家庭訪問という
ことで通常なら30分弱程度話を
してそれで帰阪となる予定だった。

しかし予定よりも1本早い電車に
乗りながら、せっかくなら先週
盛り上がった鳥取城跡に行ってみ
ようか、もしかして鳥取砂丘って
遠くないかもと調べて近いことが
わかり、急遽行ってみることにした。

タクシーで40分程度の道のり。
どうやら大阪から車で2.5時間もあれば
来れるらしいことを教わる。

また海水浴、温泉、砂丘を一気に楽
しめるなかなか家族で来るには楽しそうな
場所だということがわかった。

鳥取を見て回ったことは無駄と捉えるか
必要な冗長性と捉えるか、活かすも
殺すも私次第。

無駄を活かしていきます。

よし!やるだけ!

ーーーーーーーーーー
仕事ができる人の心得
「育つ」0850
一流は一流の中に入ってこそ育つ。
一流の素質でも、三流の中に入って
は二流止まりです。イヤな思い、つらい
思いをしないと人は育たない。環境が大
切です。社員は社員によって、人は人に
よって育つ。
ーーーーーーーーーー
一流の環境に身を置きます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1720

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2015年2月 3日 23:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「怒ることのムダ」です。

次のブログ記事は「スキマ時間というお宝」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ