未来が待ち遠しい経営を心がける

| コメント(0) | トラックバック(0)
弊社もおかげさまで今年を何とか終える
ことができました。ありがとうございま
した。
今年はこれまで感覚的に進めていた経営
を計器による経営になんとなく変えてい
くことができたのではないかと思います。
そして後半に持ち上がった課題は大きかっ
たですが、その課題をきっかけに新たな
道を見つけた気もします。
それは人に仕事をつけるというところから
仕事に人をつけていくという流れを作りつつ
あるなと感じています。
製造業をベンチマークし品質管理体制の構築
の土台ができつつあります。
そして来年は来年で当初予定していた2つの
大きなテーマとは別にもう一つ大きなテーマ
をもって迎えることになりそうです。

運用代行サービスを初めて5年。
5年前は5年後が待ち遠しかったのを今でも
覚えています。そして今は来年が待ち遠しく
感じ、5年後も待ち遠しく感じています。
日々多くの課題を頂きますし、来年も多くの
課題をいただくことと思いますが、それを差し
引いても余りあるほどに待ち遠しさがあります。

毎年毎年未来が待ち遠しくなるような経営を
し続けられたらと思います。

よし!やるだけ!

−−−−−−−−−−
仕事が出来る人の心得
「視野」0625
狭い社会にいると人の不幸を喜ぶようになる。
−−−−−−−−−−
広い社会にいるようにします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1681

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年12月26日 23:50に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「失敗する前提でいるか」です。

次のブログ記事は「褒める、叱る、考える鮮度」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ