らしさを伝えられる人を増やす

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日は学生との接点の機会をいただき
プレゼンしたり話をお聞きしたり評価
してもらったりと楽しい時間でした。

私も会社の説明をする時間やプレゼン
をする時間があるのですが、まだまだ
改良の余地があるなと思うのは限られ
た時間で「ISO総研らしさ」をどう伝え
るかです。
まだまだ伝えることを絞りきれていま
せん。一方で伝えるべきことを伝えら
れているかも掴めていないなと思います。

もう1点は「ISO総研らしさ」とはその
多くは良くも悪くも「山口らしさ」を伝
えることだったりします。「山口」を伝
えるときに今のところ私しかできていない
と感じてしまっているところがあります。

学生に伝えるプロセスを経て「ISO総研
らしさ」を従業員の一人でも伝えられる
ようになったら実はすごいことじゃない
かなと思っています。

実際に参加している企業様ではその企業
らしさを採用担当が上手に伝えているな
と感じました。

これは経営理念や三精神がまだまだ浸透
していないということだったりわかりやすく
できていないということなのかもなと
感じました。

今日の他社の事例を参考にして「ISO総研
らしさ」を従業員が伝える方法を考えられた
らと思います。

よし!やるだけ!

−−−−−−−−
仕事ができる人の心得

「仕事に人をつける」0571
マニュアル・チェックリスト等がしっかりしていないとできない
−−−−−−−−
仕事に人を付けられる仕組みにしていきます。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1671

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年12月16日 23:23に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「情報吸い上げモードを持つ」です。

次のブログ記事は「誰でも入手可能な豊かさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ