情報吸い上げモードを持つ

| コメント(0) | トラックバック(0)
現地見学会後、東京の幹部呑みに参加
しました。くだらない雑談がほとんど
ですが、自分のアンテナを現場の情報
吸い上げモードに切り替えるといろん
な現場情報が流れていることに気づき
ました。

結局情報は受け取りたい側が貰いに行く
ということが原則です。そしてただの雑談
の中でさえ現場の情報吸い上げモードにし
たら普通に吸い上げられるんだなと気づき
ました。

こうして思考が現実になる

と言う本の1つ目の実験で48時間以内に
プレゼントをもらえるというものがあり
ますが結局プレゼントはもらえているけど
それをプレゼントだと認識できていない、
情報をプレゼントもらうモードに入ってない
だけで本当は日々多くのプレゼントがされて
おり気づけてないだけなんだろうと私的には
思いました。

定例の情報報告だけでなく日々の活動の中
にも拾うべき情報があるという認識で情報
吸い上げる事を意識します。

よし!やるだけ!

−−−−−−
仕事ができる人の心得
「試行錯誤」0565
失敗の繰り返しが学習の最良の早道です。
他社の事例を自社のヒントにする。今、
上手にできないことも、失敗でなくて
大事な経験です。
−−−−−−
失敗を繰り返します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1670

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年12月15日 22:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「非常停止ボタンを押せるか」です。

次のブログ記事は「らしさを伝えられる人を増やす」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ