世界を広げる言葉を使えるか?

| コメント(0) | トラックバック(0)
今日ご来客いただいた方が使った言葉
をうちの従業員も使えるようになってほ
しいなと思って日記に書くことにしました。
その言葉とは

「お恥ずかしい話、業界のことを
 全くわかっていないのでお教え
 いただきたいのですが」

です。
その方は私よりも年配で役職も高い方です。
そんな方が謙虚にも、また貪欲にも弊社の業
務を理解しようとしてくださいました。

年配で役職の高い人でこそまだまだ知らない
ことがあり現場で貪欲に智識を得ようとする
姿も素晴らしいですし、謙虚なお言葉を使える
のも素晴らしいなと感じました。

弊社の従業員は私も含め若輩者で勉強不足で
知らないことだらけなのに現場で果たして
どの程度

「お恥ずかしい話、業界のことを
 全くわかっていないのでお教え
 いただきたいのですが」

と言えているかです。
この言葉を使えるかどうかで知識の世界の広が
り方は相当違います。
私も現場で貪欲に学ぶためにこの言葉を使って
いきます。

よし!やるだけ!

−−−−−−−−−−
仕事ができる人の心得
「時間」
お金のように貯金ができない。蓄積も相続も
できないから、誰しもが唯一の対等場面です。
過ぎた時間は取り戻せない。
−−−−−−−−−−
人生の残り半分の時間を大切にします。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1667

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年12月12日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「製造業のように工程設計する」です。

次のブログ記事は「悔しさを未来につなげるか?」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ