出来る人の共通点

夕方から上の子のサッカーの練習に付き添いで 
JGreenへ。 
今日はなんとコーチが某サッカーキャンプの練 
習を取り入れてくださりました。 
子どもたちは体からだけでなく脳みそからもしっ 
かり汗かいてる様子がしっかり伺えてよかったです。 
すごいなと思ったのはコーチです。 
もともとバスケットの社会人リーグ1部でやっていた 
くらい本気な人ながらも専門外のサッカーの練習を 
意味も理解し、そして教えるところまでできる。 
しかも相当複雑な練習内容。 
さらに時にはアホみたいな運動量の子どもたちと 
一緒に動き回って。 
高みに向かって子どもたちのために練習を組んだり 
各種段取りをしてくださるのは本当に頭がさがる思い 
と同時にまさに徹底しているなと感じました。

それにしても「出来る人」は今自分が来ていることや 
上手くいってること、成功していることに関係なく直 
向きに、真摯に、上を向いて努力をするんだろうかと 
感じました。

同じことを感じたのは神戸大の大学院修士課程依頼です。 
間違って入れてしまえた神戸大学大学院経営学研究科。 
経営学の最高学府の一つ。そこには生え抜きだけでなく 
京都大学、一橋大学、横浜市立大学などそうそうたる 
大学出身者が来ていました。 
当然ですがすでに賢い上に怒涛のように本を読み怒涛の 
ようにレビューし論文を書き上げていってました。

私も息子も現状に満足せず目指す高みを見据えて日々 
努力を重ねられるようにしたいと思いました。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1548

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年8月16日 00:01に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「グランドを出てからが上手くなるかどうかのキー」です。

次のブログ記事は「下の子は下の子なりの育て方で」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ