自分を超えようとしてるか?

弊社は仕事はハードである。
しかし最近はめっきりフォロー体制が
整ったせいか、過去の延長線上でも弊社
のハードワークをできてしまうところが
ある。

しかし私からするともったいないこと
だと感じる。せっかくハードワークをす
るなら過去の自分を超えるような行動をし
結果を残さないと意味が無いのではないか
と思う。

ということで東京で一人、大阪で一人
大人げなく過去を越えさせるような行動
をとってもらった。
相当の苦痛が伴ったことだろうと思う。
しかし結局最終的にはこれまで残せなか
った結果を残すことができた。

ホッとした表情と達成感に満ちた顔は
誰が見ても明らかだった。

過去の自分は居心地が良い。
弊社及び私は居心地が悪かろう。

成長したいなら居心地の悪い中で過去の自分
を超える努力をするしかない。

私も社内は居心地が良い。なんといっても
誰も文句を言ってこないからだ(笑)。
つまり私が過去の自分を越えようと思ったら
社内にいてはダメだということになる。

私も居心地の悪い環境を提供しながら
自らも居心地の悪い環境にもっと身を置きます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1545

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年8月12日 23:13に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「後は決めるだけとなった時に決められるか?」です。

次のブログ記事は「限界を感じた時ブレークスルーは 起きる。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ