気づきと決定の多い実践経営塾3講となりました

実践経営塾第3講に参加してきました。
午後の諸先輩経営者の方々の話は初めて
お聞きしましたが、ある意味感動しました。
諸先輩方の話では言葉がきっちり揃っている
のを感じますし、「心得」の言葉を必ず
参照され、話をされるので、学ばれている
ことをしっかり感じさせられました。

特に宮川商店の星社長の環境整備の話は
圧巻でした。

同じトップとして徹底の度合いの低さを
感じましたし粘り強さも足りないなと感じ
ました。

・環境整備はヒットしなくても儲かる仕組み
・一歩、一秒、一工程、一関節、一聞き、一円
 の削減

も含め環境整備への明確な体系を初めて知り
気持ちが新たになったなと感じました。
そしてアルバイトを含めた改善活動の徹底
の凄さ、また仮説検証のある意味楽しそうな
雰囲気も刺激を受けました。

また、諸先輩経営者の方々との会話より

「もしかして間違ってるのでは?」

という事に気づき、やっぱり間違っている
点を師匠よりお聞きすることができました。
早速幾つか新たな取り組みをするとともに
辞める取り組みも決めました。

実践経営塾3回目の参加ながら、MQSに
関して分析するとあまりにも自社のレベルが低い
ことを再認識させられ、あと最低5年は参加
する決意を新たにしました。

強かな会社にしていきます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1526

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月24日 22:07に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「情報伝達の難しさ」です。

次のブログ記事は「器の大きさを試される」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ