情報伝達の難しさ

情報伝達の難しさを痛感する日々です。
たかが情報伝達、されど情報伝達。
人数的にみんなが同じ方向を向くようにする
のがこれまでと同じやり方ではダメなのかな
と感じています。

お金だけでも動かないし、伝えただけでも動
かない。

私一人が騒いでもダメだなと思っています。
役員、統括、リーダー、上長の強力が必須でしょう。

そして上から率先垂範しなければ当然
その下はやらないでしょう。

組織全体が同じ方向に向いていけるように
再度情報の伝達方法を考えなおす必要がある
と感じています。

情報伝達の仕方、今重視している事の共有の仕方
を再構築します。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1525

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月23日 23:11に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「自分の特徴を認識しそれをどう活用するか」です。

次のブログ記事は「気づきと決定の多い実践経営塾3講となりました」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ