自分の特徴を認識しそれをどう活用するか

上の子が今日からサッカー三昧ですが、そんな
上の子が最近はまっていたのがwii uのボウリング
です。

最初こそ自己流で上手くやっていたものの、徐々に
自分が右に流れちゃうくせが強く、下の子にも
負けるようなスコアになっていました。

私の助言に全く耳を傾けず頑なに自己流でやり続け
ていたんですが、昨日くらいから少し助言を聞き入
れていき、スコアが伸びるようになりました。

右に流れるクセは直さず、それでもスコアを取れる
ようにしたところが鍵だなと思います。

誰でもそうですが、直せることと直せないことがある
と思います。私自身もスタイリッシュでカッコ良い
ビジネスに憧れますが、どっちかというと鈍くさく
不器用で泥臭いビジネスしかできないのかなと思って
います。

自分の特徴を認識しそれをどう活用するか

それを早く考えられた人こそうまくいくのかなと思います。
43年生きてきてまだまだ知らない自分の特徴があるんだろ
うと思いますが、多くの体験を通じて自分の特徴を認識し
活かせるようになっていけたらと思います。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1524

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月22日 21:59に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「プレッシャー、期待、不安、孤独との戦いの始まり」です。

次のブログ記事は「情報伝達の難しさ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ