上機嫌の息子を見て

練習後の饒舌さ
夕食時の晴れ渡る笑顔
風呂場から聞こえてくる鼻歌

相当気分が良かったのかな、上の子。

雷で主軸としているチームの大会が
中止になり、行けない予定だった
別のチームの練習に参加してきました。

ドリブルを中心とした練習と時折
ある競争、そして緊張感のある
ミニゲーム。

全てうまく行ったわけではないが
なんとなく気持ちが晴れたのかな。

一方で晴れ渡った笑顔は「タダ」では手に
入らない。基本的には苦労とセット、過去の
苦い経験とセットじゃないかとも思います。

親がすべきことは晴れ渡る笑顔をどれだけ増
やせるかという思いと同時に、苦労をギリギリ
まで背負わせることかもしれないとも思いま
した。

とりあえずたくましく育てます。

よし!やるだけ!

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1522

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月20日 23:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「家庭にも徐々に環境整備導入か」です。

次のブログ記事は「プレッシャー、期待、不安、孤独との戦いの始まり」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ