その熱意を普通の仕事に!

個別面談で

「最近A(ネットワークビジネス系)の
勧誘をマチで受けるんですが、どうなんで
すか?」

と相談された。
渋谷で待ち合わせをしていたら、声をかけられ
気がつくとAの話になっていて、今度は友達を
紹介するからおいでよと言われたとのこと。

Aやネットワークビジネスに関しては特に
どうとも思うことはない。ある意味一つのビジネス
の方法なのかなと思う。

一方で思うことはある。
ネットワークビジネスじゃなく普通のビジネスでも
街で声かけちゃうくらいの意気込みでやれば相当
上手くいっちゃうんじゃないかということだ。

なぜネットワークビジネスだと街で声をかけられ
通常のビジネスだと街で声をかけられないか。
そもそもそれがおかしい。

同じような例としてパチンコ屋さんに開店前から
並んでいる人についても思う。
会社が開く前から並んで待ってるくらいの情熱があれば
普通に仕事がうまくいくはず。

きっと弊社の従業員を勧誘したAをやっている人は
売れない人なんだろうと思うが、熱意は買えるかな。

個別面談してきたうちの従業員に私はこういった

「次勧誘されたら僕を紹介して。で逆スカウト
 かけるから。そんな仕事に熱意があるのに
 稼げてないならうち来れば良いじゃんかって」

この話をしたら個別面談をしてきた彼は声を
掛けられるのが楽しみになったらしい。

私もそんな彼にあって逆勧誘してみたい。

あ、東京で中途採用も急募です。


よし!やるだけ!


トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sokengroup.sakura.ne.jp/mt/mt-tb.cgi/1519

コメントする

アクセスカウンター
テレクラライブチャット出会いメル友

このブログ記事について

このページは、山口智朗が2014年7月17日 23:29に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「気づく力、気づかせる力」です。

次のブログ記事は「瓢箪から駒」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ